TAK'S PERFORMANCE PARTS

T.P.P. Twin-Cam

Twin-Cam 88″ – 96″ – 103″ – 110″ – more

70TLS , 84TLS , 95TLS 共通  [ S45Cビレットスチール製 made in Japan ]
013 VP-CVO [ A2017ビレットアルミ made in Japan ]

DSC07666

■ TPP001 VP70TLS スタンダード ¥30,780(税抜き¥28,500)

1450ccノーマルエンジンで、将来のチューニング計画をお持ちでない方はこちらをお選びください。

【対応モデル】 1998 – 2006 1450ccまでのノーマルエンジン用

  • 約40%クラッチワークの軽減
  • 約7.8kg ⇒ 4.8kg (’98-’05)
  • 約5.4kg ⇒ 2.8kg (’06モデル)

DSC07666

■ TPP002 VP84TLS  ¥30,780(税抜き¥28,500)

オールモデルで103″(1690cc)ステージ2まで、ノーマルスプリングで対応します。
96⇒103ビッグボアキットに付属するSEスプリングも必要としません。
ローライダーS 110は、ノーマルが強化スプリングのためこちらの商品が適合します。

【対応モデル】  2007年以降の下記ビッグツインモデル(’98-’06モデルにも適合)

▪︎2017年までのダイナファミリー All Model & FXDLS(ローライダーS)
▪︎2017年までのソフテイルファミリー(Sシリーズ除く)
▪︎2016年までのツーリングファミリー (注)ローモデルおよびトライクモデルを除く (ローモデル・トライクはTPP013)
▪︎2012年までのCVOモデル 

  • 30%クラッチワークの軽減
  • 約7.8kg ⇒ 5.6kg (’98-’05)
  • 約5.4kg ⇒ 3.8kg (’06モデル)

DSC07666

■ TPP011 VP95TLS Max Power ¥35,640(税抜¥33,000)

ハイパフォーマンスフリークの為に作られたアメリカンベストセラー
1800ccまでノーマルスプリングで適合可能、それでもノーマルより約7%軽減!
S.E.ダイアフラムと併用で2200ccにも対応します。

【対応モデル】 1998年以降のビッグツインで、ダイアフラムスプリング採用車両
適合が分からない場合は、お気軽にお問い合わせください。

DSC00826

DSC00816

 ■ TPP013 VP-S&A ¥35,640(税抜¥33,000)

アイドリング域でのノーマル荷重が約25%軽減されます。(300lb→225lb)
2800rpm付近でノーマルを上回る圧力を実現、CVOのビッグトルクにも余裕で対応します。ハイパワーを求めるユーザー様は、付属のワッシャーを追加するだけで完全強化クラッチにする事が可能です。メンテナンスに関わる基本は変えず、イージーさからハイパフォーマンスまでをフレキシブルにこなせる待望の製品がラインナップに加わりました。

2017年8月の本体の改良により、107や114ダービーカバーにもスペーサーは必要なくなりました。また、装着時にワッシャー及びスペーサーを接着する必要がありましたが、これらを一体物としたため、取り付けは容易になりました。

【対応モデル】  

・2018年モデル ALLビッグツインモデル
 (念のため、ご注文の際に装着モデルをお教えください。)

・2017年 ツーリングファミリー  All Model
・2013年以降のCVOモデル
・2014年以降 FLHTCUTG トライグライド・ウルトラ & FLRT フリーウィーラー
・2015年以降 ツアラーのローモデル
・2016年以降 FLSS(ソフテイルスリム S) & FLSTFBS (ファットボーイロー S)

約25%クラッチワークの軽減

★ 2013年以降の110”エンジン搭載モデルは、FXDLSを除くすべてがTPP013です。(FXDLSのみTPP002 VP84TLS)


★2017年8月以降出荷のニュータイプは、下記のスペーサーは必要なくなりました。(記録として、しばらくの間掲載しております。)
 (重要)2016年以降の FLHXSE 110ciが刻印されたダービーカバーおよび、2017年以降 ツーリングモデルCVO 114CIが刻印されたダービーカバーは、裏面のクリアランスが少ないため、3mmスペーサー(TPP018)が必要です。ご不安な場合は、ご注文の際に装着されるモデルを明記してください。


  • ’98-’99にはエヴォリューションモデルも含まれます。
  • クラッチワークの軽減率の表記は、すべてアイドリング状態の時の数値です。エンジン回転上昇と共にクラッチはだんだん重くなります。
  • すべての’98モデルおよび、3穴ダービーカバー装着モデルには、オプションのダービーカバースペーサーが必要です。
    カバー内側のリブを切削加工する方法もございますが、便利なスペーサーを推奨します。
  • 2004 – 2006年モデルビッグツインの注意(’06年 Dynaモデル除く)トランスミッションにヘリカルギアを使用しているモデルはご一読ください。
  • すべての年式において、ノーマル以外のダービーカバー装着車はスペーサーが必要になる事があります。
    5穴仕様のダービーカバーについてはテンプレートを使用してクリアランスのチェックができますので、必ず始動前に確認をお願い致します。
    詳細はサポートをご覧ください。
    (2003年100thアニバーサーリーモデルに装着されていたような裏面がフラットのタイプがこれに当てはまります。多くのHDアクセサリーダービーカバーがこのタイプになります。)

VPとダイアフラムのコンビネーション チャート

VP MODEL ダイアフラム おおよその排気量 最大トルク@4000rpm ダイアフラム圧力 ダイアフラムの圧力変化
TPP001(VP70TLS) ノーマル ’06までの88″(1450cc)ノーマル 130Nm 82kg -40-50%
ENG-340 96″(1584cc)ノーマル 142Nm 93kg -32%
S.E.380 103″(1690cc)ステージ2まで 153Nm 104kg -25%
BRN 480 2000cc まで 206Nm 132kg -5%
TPP002(VP84TLS) ノーマル 96″-103″ ステージ2まで 149Nm 100kg -27%
ENG340 110″(1800cc)まで 170Nm 123kg -10%
S.E.380 116″(1890cc)まで 185Nm 138kg 0%
BRN 480 145″(2280cc)まで 221Nm 175kg +30%
TPP011(VP95TLS) ’06以降のノーマル 107″(1750cc)まで 160Nm 118kg -7%
’98-’05のノーマル 113″(1850cc)まで 175Nm 127kg -7%
S.E.380 145″(2200cc)まで 207Nm 161kg +15%
BRN 480 155″(2360cc)まで 246Nm 202kg +44%
TPP013(VP-CVO,TG) N/A 110″(1800cc)以上 180Nm以上 135kg -25~0%

1998年 – 2005年モデル 最軽仕様

最軽量仕様の説明画像

1998年 – 2005年生産モデルは、2006年以降に装着されている「リデュースエフォートクラッチキット」に交換する事により、最軽量の2.8kgを実現する事ができます。その他の主要なモデルについての最軽仕様もまとめてみましたので下表を参考にしてください。

主要なモデルの「最軽」仕様チャート

モデル 排気量 圧力の変化 ダイアフラムセット VP Model
’98モデル 1340cc までのノーマル -65% ダイアフラムスプリング
#37882-06
TPP001(VP70T)
スペーサーが必須
’99 – ’05 モデルまで 1450cc までのノーマル -65% リデュースエフォートクラッチキット
#36808-05
TPP001(VP70T)
’07年以降のモデル TC96 – 103
1584cc -1690cc まで
-27% ノーマル(変更不要) TPP002(VP84T)
CVOモデル 110″ (1800cc) まで -10% ノーマル が360(変更不要) TPP002(VP84T)

Twin Cam モデル VPクラッチの見分け方

表面に刻印があります。

2007年9月以降に出荷させていただいたモデルは表面に刻印があります。これらの数値はVP本体の裏側の押さえ面(突起部分)の直径を表します。

  • VP70T ⇒「70」
  • VP84T ⇒「84」
  • VP92T ⇒「92」
左が70T右が84T

左がVP70T 右がVP84Tです。
凸部がダイアフラムの押さえ面となり、内側にあるほどクラッチは軽くなります。

凸部の直径のサイズで判別(70mmなら70T)

もし、刻印が見えづらい場合は直接計測する事によって判別ができます。

T.P.P.製品のご注文は、最寄のHDJ正規販売店またはカスタムショップ様へお問い合わせください。
お店が分からない場合や製品についてのご質問などはお気軽にメールでお寄せください。