Evolution & XL Models , Buell

[ S45Cビレットスチール made in Japan ]


NEW!
TPP071 VPC-Ultimate E.EVO
¥52,800(税抜¥48,000)

従来のVPCでは取り付け不可能だった1984年後期から1989年までのエボリューションモデル(4本スタッド ダイアフラム式)用が誕生しました!しかもノーマル比約55%の軽さを達成(常用回転時)!

ノーマルクラッチの握る時約10kgから約4.5kgへと劇的に軽くなります。しかも完全2本指で操作でき、切れも良く、ニュートラルにもスカスカ入り、最高の感触です!


プレッシャープレート内部に組み込まれた遠心機構とVP65S

プレッシャープレート内部の遠心機構(国際特許出願済み)が低回転を強力にサポートします。が、握ると遠心力が弱まり重さを感じないという不思議なクラッチです。常用回転域の3000回転あたりまでとても軽く操作できます。3500回転以降はVP65Sの遠心機構がエンジンの高トルクを強力にホールドします。これにより低回転から高回転まで均一にプレッシャーを与え続けかつ必要以上に重くならない、握り心地、キレすべてにおいて最高のクラッチです。

バリアブルプレッシャープレート(VPP)2分割

クラッチハブとの連結プレート付きで頑丈です。

*ダービーカバーの裏のへこみが5mm以上あればダービーカバースペーサーは必要ありません。ノーマルダービカバーではスペーサーは必要ありません。
*専用ダイアフラムスプリング付きです。


■ New TPP017 VP-Sport & EVO
¥38,500(税抜¥35,000)

約30%以上のクラッチワークを軽減*

対応モデル
・1991年モデル以降のXL883、1200 more
(2009〜2013 XR1200 およびXR1200Xには適合しません。)

・1990-1997年 エヴォリューションモデル
(XL 1991-1993年モデルは、1994年のプライマリーカバー類が必要です。)

ご注文の際に883か1200、またはEVO1340 それ以上の場合は排気量、エンジン仕様をお知らせください。エンジンの仕様に応じて各ダイアフラムの設定があります。
*ダイアフラムチャートをご覧ください。

特殊ダイアフラムスプリングの開発により、更に軽く、握りやすくなりました!

また、2004年以降のモデルで必要だったプライマリーカバー類の加工は無くなりましたので、装着にかかる手間が大幅に短縮できます。

ハイパフォーマンスタイプのダイアフラムも完成しました。
エヴォリューションモデルもこのスプリングが併用できるため、TPP003 VP-EVO 1990-1997は廃止となりTPP017に統合されます。

*2004年以降 1200cc 約30%軽減  883cc 約35%軽減
*2003年以前は約60%軽減されます。
*EVOは約30%軽減

右側シルバーのダイヤフラムがハイパフォーマンス用

VP-Sport & EVOダイアフラム チャート

ダイアフラム エンジン排気量の目安 ダイアフラムの圧力変化(ノーマル比)
VP-SP130 883ccノーマルエンジン 1991~2003年モデル -60%
2004年以降 -30%
VP-SP190 1200ccノーマルエンジン 1991~2003年モデル -40%
2004年以降 -30%
VP-SP210 ストリートパフォーマンス1200cc
(吸排気とコンピューターチューンで70馬力以上の1200ccにはこちらがお勧めです。)
1991~2003年モデル -30%
2004年以降 -20%
SP240 ノーマル1340cc
ハイパフォーマンス1200cc
1990~1997年モデル BigTwin -30%
SP280 ストリートパフォーマンス1340cc
100馬力以上1200cc
1990~1997年モデル BigTwin -17%
1991~2003年モデル XL -17%
2004年以降 XL1200 ノーマルと同じ
2004年以降 XL883 +17%

通常XL883はSP130 ,XL1200はSP190 , EVO1340はSP240がセットになりますが、注文の際お知らせ下されば、上記のダイアフラムに組み合わせを変更して発送します。
また、チューニングにより仕様変更した場合は、ダイアフラム単体だけでもお求めいただけます。価格は¥7,000 税抜きです。


【生産終了】■ TPP003 VP-EVO
¥33,000(税抜¥30,000)

1340ccノーマルエンジンで約40%クラッチワークが軽減します。
対応モデル 1990 – 1997年のビッグツイン
排気量、エンジンの仕様に応じて各ダイアフラムの設定があります。

VPクラッチサンプルTPP003

VP EVO ダイアフラム チャート

VP MODEL ダイアフラム エンジン排気量の目安 最大トルク@4000rpm ダイアフラム圧力 ダイアフラムの圧力変化
VP EVO VP-SP190 ~1200ccノーマルエンジン 134Nm 86kg -40%
VP-SP240 ~1340ccノーマルエンジン 156Nm 109kg -25%
VP-SP270 ~1340ccチューンドエンジン 176Nm 122kg -15%
ノーマル(変更しない) 1340cc以上のチューンドエンジン 190Nm 145kg 0%

【生産終了】■ TPP004 VP-XL883
¥33,000(税抜¥30,000)

約55%ものクラッチワークを軽減
対応モデル 1991 – 2003 までのXL883
エンジンの仕様に応じて各ダイアフラムの設定があります。

[ 重要 ]
91年~93年XLモデルは、94年モデル以降のプライマリーカバーが必要になります。


【生産終了】■ TPP005 1200 XL1200&Buell
¥33,000(税抜¥30,000)

約40%のクラッチワークを軽減
対応モデル 1991 – 2003 までのXL1200及びBuell(*XBシリーズ以降は適合不可)
エンジンの仕様に応じて各ダイアフラムの設定があります。

[ 重要 ]
91年~93年XLモデルは、94年モデル以降のプライマリーカバーが必要になります。


VP XL ダイアフラム チャート
2004年モデル以降 スポーツスター

VP MODEL 年式及びモデル ノーマルダイアフラム圧力 圧力変化
TPP004-883 04-05 883 105kg -35%
TPP005-1200 04-05 1200 132kg -35%
TPP004-883 ’06以降883 95kg -28%
TPP005-1200 ’06以降1200 122kg -30%

VP XL ダイアフラム チャート
’91 – ’03 スポーツスター&Buell ( XB以降は適合不可)

VP MODEL ダイアフラム エンジン排気量の目安 最大トルク@4000rpm ダイアフラム圧力 ダイアフラムの圧力変化
VP-004,005 VP-SP150 883ノーマルエンジン 75Nm 68kg -55%
VP-SP190 1200ノーマルエンジン 100Nm 86kg -40%
VP-SP240 1200ハイパフォーマンス 135Nm 109kg -25%
VP-SP270 1565ccまで 150Nm 122kg -15%
ノーマル(変更しない) 1800ccまで 176Nm 145kg 0%
  • クラッチワークの軽減率の表記は、すべてアイドリング状態の時の数値です。エンジン回転上昇と共にクラッチはだんだん重くなります。
  • EVO , XL , Buell 各VPCの取り付けはプライマリーカバーの脱着が必要です。
    詳細はサポートをご覧ください。

T.P.P.製品のご注文は、最寄のHDJ正規販売店またはカスタムショップ様へお問い合わせください。
お店が分からない場合や製品についてのご質問などはお気軽にメールでお寄せください。