2017年〜2020年 油圧クラッチモデル

2017年モデル以降のスリップ&アシストクラッチにおいて、スプリングリテーナーを外した際に、何もしていないと、プレッシャープレートが出て来てスチールプレートがハブから外れます。そのまま組むとクラッチレバーが握れないばかりか、クラッチ破損にも繋がります。プレートは気付かないスピードで、ゆっくりと出て来ますので注意が必要です。一人でも楽に作業が行えるようホールデイングツール を製作しましたので、ぜひご活用ください。

 

Made in JAPAN

 


お問い合わせ

    確認メールが届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」に振り分けられていないかご確認をお願いします。